困難なピアノ搬入…都内の新築3階へ解体し、クレーンと階段での特殊搬入。

本日は午前中から都内に出向きました。

以前から私のブログにお問い合わせをいただいていた建築事務所のY様
新築物件の3階へピアノを搬入されたいお客様のために、いろいろピアノの
運送業者を探しておられた様子。
お仲間のベテラン運送業者W氏にお願いし、下見をしたところ、かなり
困難な作業ではあるものの、なんとか搬入可能との判断。

本日作業となりました。

早朝に激しく降っていた雨も上がり、ひと安心。
新築一戸建てのお宅の3階に搬入ですが、まずは2階のベランダに
クレーンで下ろします。
ピアノはあらかじめ解体してあります。

解体された本体以外のパーツたち

200625UX30WnC-04.jpg

200625UX30WnC-01.jpg


200625UX30WnC-05.jpg

200625UX30WnC-06.jpg


ここからが非常に困難な作業となります

200625UX30WnC-08.jpg

階段を6段ほど上がったあたりから螺旋状になり、90°曲がっています。
そのためまず階段の3段あたりに立てて上がり、そこからピアノを
回転させて屋根が下になる状態で、平行に1段ずつ上がって行きます。

200625UX30WnC-09.jpg


200625UX30WnC-10.jpg


200625UX30WnC-11.jpg

200625UX30WnC-12.jpg

人柱(!)となって、土台になるスタッフも。
200625UX30WnC-10.jpg


200625UX30WnC-11.jpg


200625UX30WnC-14.jpg


200625UX30WnC-14.jpg


200625UX30WnC-15.jpg


200625UX30WnC-17.jpg


200625UX30WnC-18.jpg


長年の経験で、このような作業も行うため
他の業者では不可能とされたケースでもほとんどクリアしてしまうW氏。
さすがとしか言いようがありません。

3階の部屋に到着

200625UX30WnC-19.jpg

組み立てます

200625UX30WnC-20.jpg

200625UX30WnC-21.jpg

解体作業も、きちんと修復技術を持った人間が行う必要があります。
いい加減な組み立てを行った場合、止音不良が生じたり、ひどい場合には
鍵盤蓋がきちんと締まらなかったりタッチが著しく不自然になったりすることもあります。

最後に調律・調整をおこない完成ですが
なんと前回の調律は平成5年の9月!
こちらもかなり「やりがい」のある作業でした。

200625UX30WnC-23.jpg

200625UX30WnC-24.jpg

27年程度のブランクの上、今回環境が変わりますので 次回は出来るだけ早い
時期に調律をお勧めいたします。

よろしければまたご依頼下さいませ。




本日の猫

やっと完成して設置した、保護猫黒ちゃんハウス
朝見てみると

200625新黒ちゃんハウスのぽんた.jpg

なぜ君が!

意味不明の方は
保護猫黒ちゃん保護のいきさつブログ
黒ちゃんハウス作成のブログ

をご覧下さいませ。

本日の黒ちゃん
夕食前に甘える黒ちゃん

夕食


明日は車で埼玉県まで出向きます。
暑いぞ!熊谷!!
チビ猫ミル成長記録ビデオ   https://youtu.be/47pQnUWx6h4    大和楽器にゃんず紹介ビデオ  https://youtu.be/G2YLW-8BhiU

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント