お勧め中古ピアノ…ドイツSCHIMMELダンパー修理の一日

昨日は終日大和楽器工房にて、現在仕上げ中のお勧め中古ピアノ…
ドイツSchimmel(シンメル)社の小型木目ピアノ修理に集中しました。

その前に

日だまり猫

画像


お仲間の運送業者さまから、嬉しいお中元♡

ソラは自分とは関係ないとわかったのか、少々不機嫌なようすです(笑)

画像

K運送さま、いつもありがとうございます!


さて 昨日の修理状況です

現在はダンパー関係

先日の続き

先日作成したダンパースプリングですが、中音部の始まる31番目のスプリング1本だけ
サイズが変わっているため、同じように作成。

画像


画像

おそらくこの部分だけ設計上フェルトが小さくなってしまうため、少し強度を上げたのかも
しれません。


スプリングが当たるクロス部分に黒鉛を塗布

画像


少しの摩擦もなくすように修理します。

ダンパーフレンジにコードを通し、作成したダンパースプリングを付けている所
画像


穴の系が大きいため、コードは2本使用。

画像



夕方になってしまいましたが、ダンパーレバー部分のレバークロス、スプリング、
フレンジセンターピンの交換が終了。
画像


この後真っ白なレバークロスですが黒鉛を塗布します。

画像


交換済みのパーツたち

画像

全て交換の証です^^


見学者もやってきます

画像



画像



画像




この後、少々休憩をはさみダンパーフェルトを切ったり
低音部ダンパーブロックのライニングフェルトを貼る作業を行いました

オリジナルと同じサイズのダンパーフェルトを裁断します

画像



画像


低音部ダンパーヘッドの木部を綺麗にペーパーがけし、ライニングフェルトを貼ります

画像


画像



夜遅くなったため、昨日はここまで。

本日続きの作業と、いよいよ鍵盤修理にとりかかります。



おまけ画像

見学しながら大あくびのぽんた

画像



画像


画像
チビ猫ミル成長記録ビデオ   https://youtu.be/47pQnUWx6h4    大和楽器にゃんず紹介ビデオ  https://youtu.be/G2YLW-8BhiU

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック