生ピアノとデジタルピアノについて(ひとりごと)

昨夜の月はなんと171年ぶりの「後の十三夜」だったとのこと…
しかし、ここ神奈川県大和市からは曇り空で見ることができませんでした。

残念です。

先ほど、事務所から外へ出てみたら
綺麗なまん丸の月が顔を出していました
画像

明日が満月ですね


さて表題の件

先日の発表会を終え、ドラム講師の熊本総一氏と少々反省会を
行ったのですが
とても素晴らしい音色を奏でる生徒さんがいて、気になってみると
ゆにさんの息子さんと、娘さんだったとのこと

そのことからやはり生のピアノは弾き方によって人それぞれの音色
を奏でるのですね…という感想をいただきました。

全くその通りだと思います。

デジタルの技術で、ピアノと同じか、それ以上の美しい音色を内蔵
していても、生ピアノのように鍵盤の動き~アクション~ハンマーにより
打弦・・・という一連の動作から生まれるニュアンスを表現することは
できません。


ピアノに限らず、ドラムでも同じではないでしょうか


タイムリーな話題ですが
本日、ローランドさんからコンクールの調律をご依頼いただきました。

ローランド・ピアノ・ミュージック・フェスティバルという催しで
録音による一次審査を通過された皆さんが、
各地区の会場での本選に挑戦されます。

数年前から、ステージでの生ピアノの使用が選択できなくなり
ローランドVピアノのみの演奏となりました。

すると参加される方が激減。
やはりせめてステージでは本物のフルコンサートピアノを演奏したいと
思う方が多数だったのでしょうね

という経緯があり、今回は以前のように私に調律をご依頼いただき
ありがたく思います。

11月29日(土) 30日(日) 関東信越本選 志木市民会館
12月 6日(土)  7日(日) 東京本選 かつしかシンフォニーヒルズ
12月14日(日)  神静本選(小学生) 横浜市瀬谷公会堂
12月21日(日)  神静本選(中高一般) 横浜市栄公会堂

皆さんが気持ちよく演奏できますよう、頑張ります。
チビ猫ミル成長記録ビデオ   https://youtu.be/47pQnUWx6h4    大和楽器にゃんず紹介ビデオ  https://youtu.be/G2YLW-8BhiU

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ゆに
2014年11月07日 23:39
お褒め頂き光栄ですが、まだまだ、そこまでのピアノではありません…
精進致します(子ども達が)

子ども達が参戦するコンクールのピアノを杉本さんが調律なさるとは、
嬉しいです(^^)
すぎ
2014年11月08日 08:57
ゆにさんおはようございます。
思えば6年前の11月…
ゆにさんはピアノのご購入に反対されていましたが、
WEBからのお問い合わせで当時お勧めのアポロ製
ピアノをご購入いただきましたね
そして昨年にはベヒシュタインの手がけるグランド
ピアノ「ホフマン161」を新品でご購入。
さらに今年の6月には私が完全オーバーホール修理
を施したディアパソンのセミコンサートグランド
ピアノをご購入いただきました。

そこまでご理解いただけたということは、何より
お子さんたちが奏でるピアノの音色の変化を感じられたからではないでしょうか?
お二人はこれから更にピアノが好きになってくれると思います。
楽しみに見守りたいですね^^

コメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック