ピアノの話…ジャックスティックという症状

本日は小田原まで調律で出向きました。

数年前からご依頼を頂いているI様宅には、かわいいきょうだい2にゃんず。

210123みぞれとしぐれ.jpg

みぞれちゃん11歳
210123みぞれ.jpg

しぐれくん11歳

210123しぐれ.jpg
私のカバンに着いているほかの猫の香りに興味津々!

210123しぐれ2.jpg

かわいいです^^

ピアノはヤマハU1H
かなり弾き込まれている状態です。

しかしながら今回、中音域の2音が出づらいとのこと
打鍵すると、数回目から打弦しなくなります。
これは「ジャック・スティック」という湿気による故障です。

調律前にアクションを取り外し

210123U1H-01.jpg

出にくい箇所のウィペンを外したところ

ジャックというパーツの矢印部分
センターピンがキツくなっており ジャックの動きがかなり
悪くなっています。

センターピンを交換

210123U1H-02.jpg

210123U1H-03.jpg

2箇所不具合があったため、2本のセンターピンを交換。

完成画像を取り忘れました


調律・調整・ファイリングをおこない、完成。

普通に演奏できるようになりました。
しかし、この先他の部分も同様にスティックとなる可能性が
大いにあります。

できればアクションごとお預かり修理された方がいいかもしれません。

作業を終えて帰路についていた頃、LINEにてメッセージを
いただきました。
息子さんが喜んでおられるとの嬉しいメッセージ。

今後共どうぞ宜しくお願い致します。



大和楽器のにゃんず

私の伸ばした足の上にいる スフィンクス
210123スフィンクスミル2.jpg


先ほどの画像

210123ワラワラ7匹.jpg

何匹見えますか?

"ピアノの話…ジャックスティックという症状" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント