大修理グランドピアノG3E、鍵盤関係修理の仕上げと張弦

大和楽器階段下のプランターで、毎年数回花を咲かせてくれる
ゼフィランサスの花が一斉に咲いてくれました

210525ゼフィランサス.jpg

210525ゼフィランサス2.jpg



お預かりオーバーホール修理グランドピアノ…ヤマハG3E
現在の様子です。

先日鍵盤関係の途中でしたが、やっと仕上がりました。

前回はブッシングクロスを貼替え、アクリル白鍵を貼った
ところまででしたが

白鍵の余分な部分を削り

ビフォア
210524G3白鍵-01.jpg

210524G3白鍵-02.jpg

アフター
210524G3白鍵-03.jpg

210524G3白鍵-04.jpg

そして、手触りがなめらかになるよう、バフ掛け作業

210524G3白鍵-06.jpg

実際に手触りを確認しながら、念入りにバフ掛け

210524G3白鍵-07.jpg


今回は手書きでナンバリングをおこない、完成。

210524G3白鍵-08.jpg

210524G3白鍵-09.jpg



続いて張弦の準備

軽く打ち込んだだけのチューニングピンをトルク調整しながら
適切な高さまでねじ込みます

210524G3張弦-01.jpg

210524G3張弦-02.jpg

210524G3張弦-03.jpg


そしていよいよ張弦開始。

半袖のツナギを着用していたのですが、素肌が触れると必ず
弦の錆が生じるため、ウエスを腕に巻いての作業。

210524G3張弦-05.jpg


ひたすら丁寧に弦を張ります

210524G3張弦-06.jpg


1本掛け部分の「玉こぶし」を作っているところ

210525G3E張弦-01.jpg

210525G3E張弦-02.jpg


芯線の張弦終了

210525G3E張弦-04.jpg

次に低音部の巻線にとりかかります

210525G3E張弦-06.jpg

210525G3E張弦-07.jpg

とりあえずの張弦完了

210525G3E張弦-08.jpg

210525G3E張弦-09.jpg

ここから、チューニングピンのコイルをきれいに揃えたり、ピンの
高さや弦の間隔を整えたりの調整をおこないます。



大和楽器の猫たち

PC前で私の作業を邪魔するミル

210521ミル2.jpg

210521ミル3.jpg

210521ミル4.jpg


私に甘える表情の黒

210521黒3.jpg

210521黒2.jpg

さびこ

210521さびこ.jpg

210521さびこ2.jpg


白猫ソラとサバ白ぽんた

210522ソラぽんた2.jpg


黒のきょうだいであり、さびこの母親 まーま

210522まーま.jpg


昨年の今頃は緊急事態宣言などもあり、外回りを一切自粛して
引きこもっていました。
現在のように大修理もなく、ひたすら猫の遊び場を作成したり
彼らと戯れていて、精神的にも救われました。

今も外回りは自粛していますが、昨年と違い大修理が溜まって
おり、ひとり工房で奮闘しています。
ありがたいことです。


もしも私のブログをご覧になり、修理をお考えの方は
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
チビ猫ミル成長記録ビデオ   https://youtu.be/47pQnUWx6h4    大和楽器にゃんず紹介ビデオ  https://youtu.be/G2YLW-8BhiU

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント