U3G鍵盤・ペダル関係の修理など

穏やかな日曜日の朝

大和楽器プランターの花たち

ゼラニウムは数年前に購入したのですが、何度も花を咲かせてくれています。

210411ゼラニウム2.jpg

茎が木の枝になっていますね

210411ゼラニウム3.jpg

ホームセンターにてひと鉢30円!で購入したスミレやビオラも

210411すみれ・ビオラ.jpg

こちらのプランターにはなぜか朝顔らしき芽が!

210411朝顔の芽.jpg


現在オーバーホール修理中のアップライト
ヤマハU3Gの鍵盤修理の続きです。

前回はキーブッシングクロスを貼替えて、アクリル白鍵も
貼っただけの状態をお知らせしました。

キーピン磨きから

この「キーピン」は鍵盤が打鍵される度に摩擦が起きる箇所。
「ツルツル」の状態になっている必要があります。
「ザラザラ」だったり、まして錆び付いたりしていた場合には
ブッシングクロスがすぐに摩耗してしまいます。

中古ピアノを選定する際には、必ずこの部分をチェックされる
事をお勧めします。
この部分をきちんと磨いている販売店は、信頼出来ると思います。
しかしながら量販店などでは、まず手つかずの状態がほとんどです。

210408U3G-01.jpg

キーピンには「バランス」と「フロント」があります

バランスキーピン
210408U3G-03.jpg

スチールウール等で磨くと簡単に綺麗になりますが、細かな傷が
付いてしまうため、柔らかな素材で根気よく磨きます。

210408U3G-05.jpg

210408U3G-03.jpg

バランスキーピン
210409U3G-02.jpg

結構厄介で、時間がかかりました。
210409U3G-03.jpg

パンチングクロスも新しく交換

210409U3G-04.jpg

210409U3G-05.jpg

210409U3G-06.jpg

ブッシングクロスを張り替えた黒鍵を収めます
210409U3G-07.jpg


次回はアクリルを張り替えた白鍵の削り作業とバフ掛けを
行います(本日行う予定)


こちらはペダル関連

前土台という、ペダルが覗くパーツです

210409U3Gペダル窓1.jpg

フェルトや鹿革を交換

210409U3Gペダル窓2.jpg

210409U3Gペダル窓3.jpg

こちらはペダルの付いた底板部分

210409U3G-08.jpg

一応外注クリーニングにて、ペダルも綺麗になっていますが
さらに手を加えます

210409U3G-098.jpg

ペダルも磨き直し、クリアコーティング。
これを行わない場合、数ヶ月で茶色く変色してしまいます

210409U3G-11.jpg

210409U3G-12.jpg

底板も綺麗に
210409U3G-13.jpg

210409U3G-14.jpg

210409U3G-15.jpg



真ん中のペダル
裏側の金属と接触する部分に鹿革を貼ります
210409U3G-16.jpg

この後本体と合わせて組み立て。



大和楽器の猫たち

19歳になった三毛猫クー
今日もひだまりでまどろんでいます^^
210411クーひだまり.jpg

こちらは黒

210411黒ひだまり2.jpg

ミル

210411ミルひだまり.jpg


さて
これから工房へ向かい、作業の続きを行います。
チビ猫ミル成長記録ビデオ   https://youtu.be/47pQnUWx6h4    大和楽器にゃんず紹介ビデオ  https://youtu.be/G2YLW-8BhiU

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

この記事へのコメント