新築のお宅2階へ、超難関なアップライトピアノ搬入をおこないました。

数週間前のこと

厚木金田の工房にて作業中、1本の電話が。


大手工務店の担当者様より、2階へ搬入を想定して建築した戸建住宅に

ピアノが搬入不可との運送業者の判断があり、困っているとのこと。


この類のご質問は、近年になり多くいただいています。


嬉しい事ですが、その前に設計の段階で、しっかりと慎重に考慮して

いただきたい案件かと思います。


お仲間の職人とも言えるピアノ運送のプロ、K運送さんに下見を依頼。


「解体して特殊な方法ならば入る」


との結論。


しかし、ピアノはヤマハの大型モデル UX300。おまけにサイレント

機能が付いています。


本来でしたら、私は消音装置や自動演奏装置が付いたピアノは調律を

遠慮させていただいています。

昔から消音ピアノユニットは相当数を取り付けて来ましたが、やはり

それ専用の調整に納得ができず、数年前からご新規の取付や調律は

辞退させていただいております。


しかしながら今回は仲間の運送業者とのお付き合いもあり、解体すると

いう状況にも責任があるため、設置後の調律・調整もお受けすることに。




前置きが長くなりました。

今回、非常に難関となるのが、この階段


190720UX5-02.jpg


上から見たところ


190720UX5-03.jpg


さらにこの先直角に曲がり、その後廊下を直角に左へ。


190720UX5-04.jpg



階段の下までは横にして運び、そこから3段上ったところで、ピアノを

あおり、垂直にします。


その後水平を保ったまま螺旋状の階段をかわし、向きがかわった所で

再びピアノの状態を戻す・・・という、神業とも言える技です。


その様子をご覧ください




こちらが解体済みのUX300


190720UX5-01.jpg

この時点では、まだ「妻土台」というパーツは付いていますが

1階リビングにて更に妻土台を取り外し、縦にして梱包します。


解体されたパーツは、2階の奥の部屋へ


190720UX5-05.jpg


ピアノを縦にして梱包


190720UX5-07.jpg


190720UX5-08.jpg



いよいよ階段へ


190720UX5-09.jpg


手前に見えているのが底の部分


190720UX5-10.jpg


そのまま数段上へ


190720UX5-11.jpg


垂直のまま螺旋を回ります

ピアノ運送に携わった方には、信じられない気持ちになるかと思います。


190720UX5-12.jpg


螺旋を回りきったところで、通常に戻します


190720UX5-13.jpg


なんとか上りきりました


190720UX5-14.jpg



そして、直角に曲がった入口も少々困難でしたが

なんとか搬入成功!


190720UX5-15.jpg


組み立てます


190720UX5-16.jpg


私も組み立てていたため、このあとの画像がありません^^;


190720UX5-17.jpg



調律・調整をおこない、完成。



190720UX5-18.jpg


茅ヶ崎市I様

せっかくピアノのために考えて建てられた新築のお家に、
ピアノが無事に入ってよかったですね

お役に立てて嬉しく思います。


また何かありましたら、ご用命くださいませ。


ありがとうございました。
チビ猫ミル成長記録ビデオ   https://youtu.be/47pQnUWx6h4    大和楽器にゃんず紹介ビデオ  https://youtu.be/G2YLW-8BhiU

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント