オーバーホール修理(?)ピアノの修理、ほぼ完成

昨日はブログの更新ができませんでした。

九州地方にてこの度の甚大な被害を被った震災。
その復興支援チャリティーコンサートが昨夜、大和市内のライブハウス
AsoB(アソビ)にて開催されました。
画像


主宰は女性プロサックスプレーヤー4人組のユニット
「ハッピー☆マッキーSAXカルテット」

その名も 「第1回復興を忘れない夜」

画像

たくさんの人たちが集まりました
画像

多くの人たちの善意が届きますように


さて
昨日・今日と、お預かりアクション修理を進めました。
某大型ピアノ販売店から、完全オーバーホールとして
日野市のI様がご購入されたアポロピアノ

いろいろ不具合が発生とのことで、私にご相談を受け
湿気によるスティック等が感じられたためアクションをお預かり修理となりました。

前回の記事

昨日と本日で、結局全てのセンターピン交換を行いました

こちらはダンパーロッドというパーツ
画像

このダンパーロッドもかなり動きが鈍くなっているため
磨きとブッシングクロスの調整や潤滑剤を塗布

画像

それぞれのアクションパーツの動きが少しでも悪いと、総合的にタッチやペダル操作に
かなり影響して来ます。

ダンパーロッドの動きもスムーズになりました
画像


画像


ダンパーを取付け
画像

最終的な調整は本体に取付け後にすべて行いますが
ダンパーの止音について全体的に角度が悪く、不快な倍音が多く発生していたため
この時点でおおまかにうつむき加減を修正。


画像



以上が昨日までの修理

ここから本日の作業
画像

ウィペンというパーツも、このような状態で酷いスティックのため
ウィペンフレンジとジャックのセンターピンを交換します

画像


同じような画像ばかりですので省略

ウィペン・ジャックセンターピンを交換し、取付け
画像

画像


ブライドルテープでハンマーバットとウィペンをつなぎ、ひとまず終了
画像

画像


修理前と比べて、外見はそれほど変わりませんが
内容は大きく改善されています。
これでタッチも違和感なく弾きやすくなっているはずです。

料金につきまして
今回、バットフレンジのセンターピンのみ全交換で、他は分解してスティック防止処理を
行うのみの予定でしたが
やはり現状を拝見し、私の判断で全てのセンターピン交換とダンパーレバークロス貼替え
等の作業を行いました

お客様にとって、非常に高額にてピアノをご購入されたこともあり(他店からですが)
(アップライトピアノ新品が2台買えてしまいそうな金額)
これ以上ご負担させてしまうことは忍びなく、最初のお見積りの料金にて変更なく承ります。


I様、どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。
もしも差支えなければ、演奏後の感想をお知らせいただければ幸いです。



昨日の猫
午前中にお伺いした、藤沢市T様宅のミーちゃん
画像

知らない人が近付くと逃げていくそうですが
私は認めてくれたようです^^


本日の猫
画像


画像
チビ猫ミル成長記録ビデオ   https://youtu.be/47pQnUWx6h4    大和楽器にゃんず紹介ビデオ  https://youtu.be/G2YLW-8BhiU

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック