昨年クリーニング・修理でお届けのピアノの調律など

本日午後からのお客様は
ブログよりお問い合わせいただき、昨年の8月にピアノのクリーニング・修理を
ご依頼いただいた川崎市多摩区のO様。

お預かり時とはまるで違う「鳴り」のピアノとなっていました
きっと2人の娘さんがたくさん練習されたのですね
画像


昨年修理時のブログ
7月31日
8月5日

音程はさすがに狂っていましたが、今回で少し落ち着くと思います。

次回は1年後にお呼びくださいませ。


その後、ユーロピアノ八王子技術センターへ。

先日ご紹介させていただいた、ベヒシュタインのSというモデル
1937年製のビンテージグランドピアノです。

お客様にお問い合わせを受け、再度状態を確認
画像


まだ内部のオーバーホールは行われていませんが、
この状態でもベヒシュタインらしい透明な音色を奏でています。
画像


象牙の白鍵↓
画像

ジョイント式ではあるのですが、継ぎ目が全くわからないほどの技術
素晴らしい技術だと思います。


ただし外装は塗装をしないため、新品のような輝きは望めません

国産新品の音色で満足できる方には、敢えて無理にお勧めしたくはないピアノです。

ご興味のある方は、ユーロピアノさんへ。
八王子技術・営業センター
営業時間  9:00~18:00
土日定休(ご予約にて対応可能)
〒192-0063
東京都八王子市元横山町1-12-6
TEL 042-642-1040・FAX 042-642-1076
チビ猫ミル成長記録ビデオ   https://youtu.be/47pQnUWx6h4    大和楽器にゃんず紹介ビデオ  https://youtu.be/G2YLW-8BhiU

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック