ピアノ調律師:杉本由紀おやじのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤山一郎さんご愛用ピアノ…HORUGELグランドピアノアクション修理

<<   作成日時 : 2018/04/17 00:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 0

お預かりオーバーホール修理グランドピアノ
藤山一郎さんが生前ご愛用のHORUGELオーバーホール修理ですが
3月の末に完成予定でしたが、いろいろ不具合や修理すべき個所が増え
少々遅くなっています。

今はアクション関係ではハンマー交換を行ない、ウィペンというパーツの修理中。

まずハンマー交換修理のご紹介です。

画像

このピアノは一度昭和の中期に大修理を行なっていますが
ハンマーはかなり大型のタイプで重量があるため、タッチはかなり重かったのでは
と推測されます。

現在の一般的なハンマーに交換することにします。
ドイツ アベル社製の高級ハンマーです
大きさを比べてみてください
画像


画像

右が最低音(No1)のオリジナルハンマーで、左がその次(No2)のアベルハンマー。

驚くほど大きさが違います。

まずは下整音という作業を行ないます
画像


画像




ハンマーの腹の部分から先端へ向け、念入りに針を刺すことで、弾力が増し
強弱の幅が格段に上がります。

そして針を刺したハンマーは膨張するため、整えます

画像


画像


基本になる部分を除き、ハンマーヘッドを外し
画像


画像


ハンマーを丁寧に、しかし素早く植え込みます
画像


基準のハンマーも新品に交換し、ハンマー交換はとりあえず完了
画像


今回オリジナルではなく、一度大修理をおこなったピアノということで、念のため
最高音から3個ばかりはハンマーを接着せず、本体にて「鳴り」を確認しながらの作業
とします。
打弦点は1mmでもずれると、特に最高音辺りは致命的な状態になってしまいます。
画像



ウィペンというパーツの修理(現在途中です)

グランドピアノのアクション…ウィペンというパーツは、昔ながらの「シュワンダー」という
シングルスプリング形式と、現在主流の「ヘルツ」式があります。

こちらはシュワンダータイプ
画像


両者の比較については、私の以前のブログをご参照くださいませ

分解し
画像

消耗パーツの交換やセンターピン交換を行ないます。


パーツもフェルトやクロスをこのピアノに合わせて切断します
画像


画像


なんだかたこ焼きパーティーの具材のようですね
画像


肝心なのは各センターピンの状態ももちろんですが、ウィペンの場合、ジャックと
呼ばれるパーツの位置が重要です
画像

ジャックの頭が矢印のようにサポート部分に接触していますね
このピアノは殆どこの状態ですので、ハンマーの重みと、こちらの摩擦で
タッチは相当不自然だったと想像できます。

センターピン全交換するにあたり、このジャック位置を考えながらニードルで
修正していきます。

この作業は少々経験が必要です。
アフター
画像


画像


ウィペンを解体し、汚れた木部のペーパー掛け、フェルト・クロス交換しながら
センターピンを修正しながらの交換ということで、非常に時間がかかります。
ウィペン1個あたり30分近くかかります。

88個ありますので2640分!
しばらくお付き合いいただくようですね^^;
根気よく、楽しみながら完成したいと思います。


本日の猫

画像

大和楽器入口のマットで、変なポーズを決める サバトラ白猫ぽんた

画像

幸せそうですね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大きな仕事が終わりました!…HORUGEL大修理ピアノお届け。
今年の1月からお預かりオーバーホール修理を行なって来ましたグランドピアノ ...続きを見る
ピアノ調律師:杉本由紀おやじのつぶやき
2018/05/11 01:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
藤山一郎さんご愛用ピアノ…HORUGELグランドピアノアクション修理 ピアノ調律師:杉本由紀おやじのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる