ピアノ調律師:杉本由紀おやじのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 新たなオーバーホール修理開始…HORUGELグランドピアノ

<<   作成日時 : 2018/01/05 00:29   >>

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

本日、新たにオーバーホール修理に取りかかったピアノがあります


先日まで時間をかけてオーバーホール修理をおこない、素晴らしく蘇った
HORUGELアップライトピアノに引き続き

今回はグランドピアノの修理です。

画像

一昨年WEBよりご依頼をいただいた都内、I様のCarl Hardtというブランドのアップライトピアノ
完全オーバーホールを行ない、素晴らしく蘇った藤山一郎氏のかつてご愛用ピアノ。

その時のブログ記事


今回は藤山一郎さんが主にご愛用だったグランドピアノ
長い間弾き手がなく、放置されていたピアノを娘さんが「蘇らせることができるなら」と
私に大修理をご依頼いただきました。

しかしながら拝見すると、酷い状態です。

画像

外装では大屋根の割れがあちこちにあり
腕木などもひび割れてガタガタです。

音の鳴りの重要ポイントである響板もごらんのとおり
画像

ひび割れというよりも寸断されています。

響板が沈下しているため、隙間を埋める努力が見られます
画像


画像


画像


画像

アクションも同時に動かなくなっており
私が今まで手掛けて来た修理ピアノの中で、もっとも「やりがい」のあるピアノと言えます。

昔一度修理をされているようですが、正直なところ疑問の残る修理内容。

おそらく、弦圧を高めに設定し過ぎなどの影響で響板が圧迫され
駒が耐え切れず沈下したものと予想されます


ご依頼を受けた以上、責任は重大ではありますが
私のできる限りの技術で、再び気持ちよく演奏できるよう頑張りたいと思います。



まずは弦を外す作業から

その前にダンパーを外します
画像

ダンパーヘッドはなんと木目!

画像


画像


チューニングピンを、ゆっくりと全体のバランスを考えつつ
少しずつ緩め
画像


画像


ピンを抜きます
画像


弦も外し、弦圧を測定し
ノートに記して本日はここまで
画像


本当はフレームを下して響板を確認したかったのですが
さすがにこのピアノのフレームは私一人では下すことができず
人数が揃った日に行ないたいと思います。



本日の猫
朝、陽だまりの中でまどろむぽんた
画像


夜、私が帰って来て甘えるクッキーことクーちゃん
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新たなオーバーホール修理開始…HORUGELグランドピアノ ピアノ調律師:杉本由紀おやじのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる