ピアノ調律師:杉本由紀おやじのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS HORUGELピアノオーバーホール修理、本日の作業

<<   作成日時 : 2017/09/08 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

本日も昨日に続き、横浜の運送業者倉庫にお借りしている工房にて作業。

お預かりオーバーホール修理のHORUGELピアノ
フレームを外す作業から
フレームのボルトを慎重に緩めます
画像


画像


なんとか折れることなくボルトを外すことができました。
(といっても今まで折れたことはありませんが)

続いてフレームに駒が接触しており、このままフレームを外した場合、駒が欠けたりする
危険があると思われたため、先に修正

画像


画像


画像


フレームを外し、チューニングピントルクの弱かった箇所の確認
画像

新しいチューニングピンを打ち込み、トルクを調べましたが、問題はなく
ピン板はこのままで補強をして修理することに。
画像の縦に入っている線は一番上面の継ぎ目であり、割れではありません
ビスは錆び付いているため、全交換します。
画像


問題は低音部の駒
画像


弦の圧力により駒割れが生じ、駒ピンがグラグラしています
画像

このままでは調律の保持も難しく、駒を新たに作成することに。
画像


駒材を、浜松の渡辺商店さんに送ってもらうことにします。

駒の状況を、トレーシングペーパーに写します
(駒ピンの位置を記すため)
画像


さてここから響板の古いニスを剥がす作業。
画像


これはオーバーホール作業のなかでも 最も根気と体力を使う作業です。

ひたすらペーパー掛け
画像


なかなか古いニスが取れません
画像


一通り粗めのペーパーをかけた後、だんだん細かい番手のペーパーを使用。

夜になり、なんとか完成

画像


いつもならここで1回目のニス塗りとなるのですが
今回は駒修理作業があるため、その後にニス塗りすることに。



本日の月
画像

月齢は17.4 満月を過ぎています
少しずつ過ごしやすい気候となりますね

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HORUGELピアノオーバーホール修理、本日の作業 ピアノ調律師:杉本由紀おやじのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる