ピアノ調律師:杉本由紀おやじのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS オーバーホール修理ピアノ…HORUGEL鍵盤関係続き

<<   作成日時 : 2017/09/11 00:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

本日午後からは事務所の工房にて作業

現在お預かりオーバーホール中のピアノ…HORUGEL鍵盤関係修理の続き

鍵盤が収まっていた筬(おさ)のキーピン磨き等の作業から
画像

特に真鍮製のキーバランスピンは、腐食していたり黒ずんでいたりして、ザラザラです


まずパンチングクロスを外します
画像


すると、なにやら英字で記された紙製のパンチングが現れました
画像


キーピンはフロント・バランスの2か所にあり、鍵盤を支えます。
バランスキーピンの下にある紙パンチングは、微妙な鍵盤の高さを調整し、フロントの
紙パンチングは鍵盤を押し下げる深さを調整します。
どちらも0.1mm以下の微調整も行うほど繊細な調整です。

現在は専用の紙パンチングがそれぞれの厚さで販売されていますが、昔はおそらく
その辺の厚さの違う紙をポンチで打ち出して作成していたものと思われます。

こちらはタバコ(ピース)でしょうか
画像


こちらはカタログ?
画像

昔のピアノに良く見られるのは、葉書きを使用したものです。

今回は1から調整をおこなうため、全て取り外します
画像

一応ご所有のG様に確認し、廃棄するかお返しするかを決めたいと思います。

キーバックレールクロスというパーツも古く、下には分厚いボール紙がしっかりと
固定されています。
画像

剥がすのに苦労しますが、綺麗に剥がし、柔らかいフェルトとクロスを用意
画像


画像


キーピン磨きは根気が必要です。
1本ずつ、丁寧に。
画像


画像


画像


基本になる新たな紙パンチングをとりあえずそれぞれに用意し
新しいパンチングクロス、キーバックレールクロスに交換
画像


本日はここまで。
本当は鍵盤調整と白鍵貼りまでおこないたかったのですが
キーピン磨きにかなり時間をとられてしまいました。

明日、引き続き作業を行ないます。

本日の猫
私に甘える三毛猫クーちゃん16歳
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーバーホール修理ピアノ…HORUGEL鍵盤関係続き ピアノ調律師:杉本由紀おやじのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる