ピアノ調律師:杉本由紀おやじのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS オーバーホール修理…カワイアンティークミニピアノ、鍵盤仕上げと張弦

<<   作成日時 : 2017/05/09 23:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ピアノ修理の話題が続きます

本日午前中は、昨日鍵盤ブッシングクロス貼り替えを終えて
鍵盤調整等の作業
画像

画像


完成
画像

これで鍵盤、アクション関係は完成です。

午後からは本体のある横浜の工房へ。

フレームや響板を綺麗に掃除し、張弦にあたり「ベアリング」という部分の
磨きをおこないます
画像


画像


画像



画像


チューニングピンを打ち込み、トルク調整
このピアノにはピンブロックというパーツがありません

画像


張弦開始
画像

通常のピアノは1音につき中音以上は3本の弦が張られますが、このピアノは全鍵1本。
おまけに折り返しですので64鍵で32本の弦ということになります

芯線部分が完了
画像


さてここでこのピアノ最大の特徴でもある、低音弦の張弦
非常に珍しく、往復での巻線となっています
画像


おわかりでしょうか
往復で2音分の弦を巻くため、細心の注意が必要です。
失敗は許されません。
画像


なんとか綺麗に張弦できました
画像


次回は棚板という、鍵盤を支えている部分が酷くガタガタになっているため
木工をおこない、鍵盤を取り付け、最終調整となります。

楽しみです。

本日の猫
画像

CMのsaxに合わせ、歌っているように見えますが

単なるあくびです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーバーホール修理…カワイアンティークミニピアノ、鍵盤仕上げと張弦 ピアノ調律師:杉本由紀おやじのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる